わすれたかみさま③ (自キャラ対話モノ)



→わすれたかみさま②のつづき

じゃのみち19

亜利華:今日が学校休みでよかったよ
     レンちゃんと、ツクヨをゆっくり会わせることができるし
     さーて、そろそろ時間だけどまだ来ないかな?

モクジュ・通常

木蓮:やほー……
    遊びに来たよ

アリカ顔・笑う2

亜利華:いらっしゃい~。レンちゃんは今日も同じ格好?

モクジュ・考える

木蓮:アルマは人間みたいなものだけど、服を作るのはまだ難しいし……
    でも、この服装は人間に人気あるって聞いたことあるよ?

アリカ顔・通常

亜利華:お、よく知ってるぅ♪
     そうなの。スカウトの職服は可愛いくて人気あるんだよ
     上位になると、もっと露出が多くなるけど……

モクジュ・じと目

木蓮:せくしーになるんだ
    ……せくしーといえばツクヨもそうだよね……
    今日は、ちゃんと話せるかちょっとドキドキしてきた


じゃのみち18

亜利華:大丈夫、大丈夫
     ツクヨは基本的に大人しいし、すぐ打ち解けられると思うよ

     ただ。1つだけ守って欲しい事が……

モクジュ・きょとん

木蓮:守って欲しい事………?





アリカ顔・通常2

亜利華:それじゃあ、ツクヨのとこに案内するね


ツクヨ顔・手を振る

ツクヨ:レンちゃん、いらっしゃい
    この間は、びっくりさせてごめんなさいね

    あれから会えるのを、ずっと楽しみにしてたのよ♪

モクジュ・照れる

木蓮:あ、うん……。こんにちは……    


じゃのみち16

亜利華:んー?
     レンちゃんどうしたの?モジモジして


モクジュ・照れる

木蓮:えっと………
    ツクヨって、下半身は蛇だけど、すごくキレイだと思って……
    最初に会った時も、そう思ったし

ツクヨ顔・通常

ツクヨ:え? 私、キレイ?

アリカ顔・楽しい

亜利華:べっこう飴が欲しいのかな?

モクジュ・じと目

木蓮:整髪剤の呪文で逃げたり3姉妹だったり
    100メートルを3秒で走ったりするのかな……?

ツクヨ顔・痛い

ツクヨ:ええええぇ!? 何それ、お化け!? 怖い!

アリカ顔・笑う2

亜利華:ツクヨを見たら、お化けのほうが逃げると思う
     もしくは仲間だと思うんじゃないかな?

ツクヨ顔・じー

ツクヨ:ひ、ひどい……

モクジュ・照れる

木蓮:だ、大丈夫。ツクヨは怖くないよ
    亜利華も言い過ぎだよ

ツクヨ顔・通常

ツクヨ:でも私、故郷では怖がられていたのよね……
     不安だわ~……

アリカ顔・通常3困る

亜利華:蛇自体、神様の使いって言われてるけど
     角の生えた蛇は、ちょっと特殊で恐れられてるからね

モクジュ・きょとん

木蓮:そうなの?

ツクヨ顔・頬杖
    
ツクヨ:さぁ……?私はよくわからないんだけど、そうみたい

アリカ顔・笑う2

亜利華:本人がこんな感じだから、イマイチ迫力にかけるんだけどね

ツクヨ顔・喜ぶ

ツクヨ:私はもっと人間と仲良くなりたいわ♪
     ねぇレンちゃん、人間はどんなことが好きなの?
     私に教えて?

モクジュ・通常

木蓮:私……で、よければ……

アリカ顔・笑う3

亜利華:(ニコニコ)






モクジュ・考える

木蓮:でね。アルカナハートは手品が得意なんだけど
    私は時々、裏方でお手伝いをしてたの

ツクヨ顔・手を振る

ツクヨ:手品!本で読んだ事があるわ
    帽子から、鳩をだしたり、ノコギリで人間を真っ二つにしたりするのよね♪

モクジュ・じと目

木蓮:アルカナハートは、象を出したこともあったかな……

ツクヨ顔・目閉じ

ツクヨ:まぁ、すごい!私もお願いしたら見せてもらえるかしら
    そうだ。そのときは、あの子にも見せてあげたいわ♪

じゃのみち22

木蓮:……………………。




亜利華:(守って欲しいっていうのは、もし会話中にツクヨが 『子供』 の話を始めたら)

     (『その話はもうした』 と言って、絶対に 『子供の話』 をさせないで)

     (それだけ守れば、大丈夫)





じゃのみち23

木蓮:………………。
    その話は、さっき、したよ?
    それより、ツクヨは着てるものが薄着だけど、暑いの寒いのに弱くなかったっけ?

ツクヨ顔・通常

ツクヨ:え?寒くないことはないんだけど……

     厚着をしてると今度は熱にやられちゃうから、薄着で日陰を行ったり来たりするほうが
     楽だったりするのよね~。でもレンちゃんみたいな洋服もよさそうね

モクジュ・通常

木蓮:さっき、この服は人気あるって話してたの
    ツクヨも着てみたら、似合うかも……

ツクヨ顔・手を振る

ツクヨ:そうね、私も人間みたいに、沢山お洒落がしたいわ♪






じゃのみち21

ツクヨ:ZZZZZ……すやぁ


アリカ顔・通常

亜利華:まだまだ体力がないせいか、ツクヨ寝ちゃった
      レンちゃんも疲れてない?

モクジュ・笑顔

木蓮:私は平気。未転生110で、亜利華より強いもん
    まだまだやれるくらい

アリカ顔・笑う

亜利華:むぅ、やりおる……

モクジュ・きょとん

木蓮:ところで……さっきのツクヨとのやり取り……
    あれで良かった?

アリカ顔・笑う3

亜利華:うん。ばっちり
     これからも、もしツクヨがあんな風に話題に出したら、自然に逸らしてあげて

モクジュ・考える

木蓮:…………。

アリカ顔・通常3困る

亜利華:理由、聞きたい?

モクジュ・じと目

木蓮:………気になるけど。
     今はいいよ。亜利華の顔が変になってるし

アリカ顔・怒り

亜利華:へ、へん………………。


アリカ顔・通常3困る

亜利華:(それでも。忘れてたほうが幸せなことが、あるんだ)


続く

コメント一覧

#1645 No title
むむむ、気になる、ツクヨさんの過去。
子供と何があったのか、子供は今はどうなってしまったのか。
ちょうどこのタイミングで「子供」がエコドリームに居るのは気のせいか?
……キオクは封じたままというわけにはいかない。
木蓮ちゃんは、ツクヨさんを幸せに導けるのか、
それともやっぱり食べられちゃうのか。
つづき、期待してますっ。
#1646 Re: No title
>鴨太郎さんへ

毎回読んでくださりありがとうございますー!
あと1回でまとまるかなー?というところですので
続きを練り練りしています

そうですね。子供がくじにいますよねー…
その辺りも関わるお話で帰結すると思います

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する