終幕の魔王(ECOプレイ日記)


イリスと記憶の書架 十一の物語
「終幕の魔王」


以下、イベントにおける超ネタバレ画像と
守護魔・ロウゲツを連れていた時の追加台詞です

ロウゲツさんの台詞が見たい人はどんとカモン!!


過去の歴史1

彼女の名前は「イリス博士」
ノーザン生まれでアクロポリスに研究所を持ち、想いの力を研究している

ちなみに、イリス博士には妹がおり、黒髪で赤いリボン、歌が好きで魔法使い
見た目は守護魔カナデに似ている
(守護魔・カナデの先祖?)

SNS情報によると今回のイベントでは守護魔・カナデ、守護魔・ウルゥも
追加台詞がでるらしい。ので、カナデとの関係は高そう
ウルゥはもはや言わずもがな




過去の歴史2

彼はイベント中「執事風の男」としか名前が登場していない
しかし、十中八九『彼』であるのは間違いない






そして、この過去の光景が終わった後、ロウゲツの追加台詞


過去の歴史3

ロウゲツは2人のアイリスを「あちらのお嬢様方」と称しているので
イリス博士とイコールとは考えて(捉えて)いないようである

また、「愚かな男の罪の記憶」という言葉は昨年の10月の手記、12月のロウゲツ本人の
台詞で何度も登場している。また公式プロフィールに「嫌いなもの:自分」ともあるので
よほど己を許せないのが伝わって胸が痛む言葉でもある




うーん、前に書いた「イリス博士とロウゲツは血縁者説」は流石になかったか…

じゃあもうひとつ
「白いアイリスはDEM説」

黒いアイリスは今回、「アイリス・ロア」とほぼ明言されてたのでロア確定だと思われ

じゃあ白いほうは?肉体もあるし、ロアでもない
マイマイの海に倒れていたらしいが、イリス博士の記憶は無く博士の研究手帳を持っていた


・白い髪に赤い目はDEMの特徴

・マイマイはDEMとの戦いの戦禍だった場所

・ご飯を食べたり眠ったりしたことがなかった、との証言もDEMなら納得できる
(オートマタ・トパーズイベントでトパーズは不眠不休で動いてた事例あり)


デスが魂を見ればDEMだとわかるのでは?と思ったが、今までの描写では
デスは魂から「その相手の資質、性別」を判別できるくらいで、肉体が何かまでは
確認できない、仮に確認できたとしても白いアイリスが自分をDEMだと認識していなければ
普通の人間と誤認している可能性もある

黒いアイリスがイベント後、カウンターで
「私たちまるで壊れたキカイのようですね」とも言っていたので
この予想は結構当たるのではないかと思ったり・・・・

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する