始まりの場所(ECO妄想部屋)


始まりの場所1

セントラル:飛空庭に向かっていたはず……なのだが……




始まりの場所2
      
セントラル:常に状況を把握し、最適な行動を……

      そうだ諦めてはいけない。今度はナビゲートシステム(通称にゃびげーしょん)に
      反応がある。ここで間違いないはずなのだ
      決して迷子ではない。迷っていないのだ、私は………




すたすた、ガチャッ




始まりの場所5

姫:ごきげんよう、トロン博士……

  
  あら、誰かと思えば『セントラル』……?
  どうしてここに?




始まりの場所3


セントラル:妹様!
      
      よかった。やはり私は間違っていなかったのだな
      これで任務の遂行も可能だ



姫顔アイコンサツキ扇

姫:相変わらず、また迷ったのですわね


セントラル:…お言葉ながら私に「迷う」という機能はついておりません
      常に状況を把握し、正しい道順を追った結果、こうして妹様とも
      お会いできています



姫顔アイコンサツキ扇じとめ

姫:……まぁお前がそう言うならそうれでいいですけど
  なら、可愛らしい猫型ロボットと、何故か一緒にいる守護魔はしまいなさいな


セントラル:……申し訳ありません……。



姫顔アイコンサツキ扇

姫:それで、なぜお前がこの世界に?



始まりの場所4

セントラル:ハッ。申し上げます
      大姉様からの勅命でございます

      ひとつは、妹様へのご伝言でございます



姫顔アイコンサツキ扇

姫:大姉様(おおあねさま)が……なんと?




ヒトツキの訪問者

セントラル:『ツインテール物凄く可愛い。でもロングも見たい』



姫顔アイコンサツキ扇怒り

姫:………それだけ?


セントラル:はい




………………。



セントラル:もうひとつは……近頃、妹様の回りで変わった出来事が起きていないでしょうか
      私はそれを調査しに来たのです

      妹様と親身な仲のお三方に関しても……


姫顔アイコンサツキ扇じとめ

姫:変わったこと…ですか
  何やら訳ありの者が、この間、庭に押し寄せていましたが……
  
  そのうちの1人は「オリジナルの模倣の存在」と自称していた事くらいかしら?


セントラル:妹様、それはまさか……




始まりの場所6

姫:真実は自分の目で確かめるといいでしょうね
  
  この世界は何かが変わり始めている

  いえ、もうとっくに起きていたのでしょうね。全てはこの場所から
  
  そして私たちが生まれた時から、すべて

コメント一覧

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する