14月22日の日



清姫ごっこ

プルル「いきなり出落ちすぎるでしょ」



たんすを漁る

エリ「今日は~ふふふ~ん♪ お祝い~♪」

プルル「何をしてるの?」

エリ「パーティーの準備中なのです
お外にg・・・ 夢月もいるのです

……あ、この鼻眼鏡いいですねぇ」




セッティング1

夢月「お春ちゃん、今日は私と一緒に居ましょうね
ちょっとここのベンチ使う予定あるから」



セッティング2

夢月「ふふふ、モフモフだわ……
ピンク色って親近感があっていいのよねぇ
このままテイクアウト……」



姫顔アイコンツインテ

姫「お春を持って行かないように」


夢月顔アイコン転生

夢月「はぴりゅりゃ!?

な、なんだぁシェリスさまじゃないですか
冗談ですよ……
ちょっと可愛いなーと思っただけで

今日1日預かるだけですから」


姫「幻月はやっぱり手伝ってくれなかったのですわね」

夢月「はぁ。姉さんはああいう人なので
その代わり私がお手伝いしますから」


姫「幻月は良い妹をもってますわね
私も名ばかりの姫ではなく僕のひとりでもつけたいのですけど


夢月「(さりげなく僕扱い…)
そういえば新しいロア(という名の新ペット)の気配を感じますけど
欲しいなぁとは思わないんですか?」



セッティング3

姫「当たらないとどうにもなりませんし
誰かさんみたいに昨年血眼になってまで出会いたいと思う娘はまだいませんわねぇ…」


夢月「ふぅん」

姫「ところで夢月はいつからEXタイタ羽根2枚姿になれるようになったのですか」

夢月?「………(目を泳がせている)」




絵本を読んでいる1

エル「歌の女神様は巫女たちに言いました

『歌で人を幸せにしましょう。その為にいつも歌を歌い続けましょう』

皆それに従いました。世界はいつも平和でした
しかしひとりの巫女が若者と恋に落ち
いつしか歌うのをやめてしまいました……」



ロウゲツハート・顔アイコン

ロウゲツ「読書中失礼いたします。主様
私になにかご用がおありとか」


エル「? 特に何も用はないはずだけど……」

ロウゲツ「お嬢様方が、主様のところにいけば分かると仰っていたのですが」

外に出る1

エル「(どうしよう。またなんか見落としあったのかな……。姫に叱られる
またご主人に相応しくないって…………あ)

あーーーーーー!


ロウゲツ「思い出して頂けましたか」


エル顔アイコン・怒り

エル「ちちちちちがっ、忘れてたんじゃなくてちゃんと覚えてたけど
ここ最近、姫のスパルタで何もかも忙しくて!

ていうか、ロウゲツも知っててワザと聞いたのね!!」


ロウゲツ「ネコの日など世間では仰っておりますが私には
主様と出会ってしまった大切な日なので」


「14月22日」の記事参照)←クリックで当時の記事が見れます


エル「むぅ。1年間もあっという間だったね
せっかくだし守護魔ほうの姿で外でお話でもしようか」




ベンチ前1


姫「さて、あの子は『主人』であることがどういうことか見つけられるかしら」

夢月?「こっちは色々セッティングしたんだから頑張ってもらわないと」

エリ「なんで姫は服に憑依してg…夢月に拾ってもらってインビジで消えてるですか
そしてエリはクローキングモードなのですか」





1年前の今日、守護魔・ロウゲツを入手した記念のSSでした
偶然にも2が並ぶ日だったんで世間的には色んな行事の日と被っていますが
私のECOライフにとっては大切な日ですb

コメント一覧

#189
もう一年経つだと…!?
どうやらもう1年以上まともにインできてないらしい^ ^
おめっす!!
#190 No title
>あるぱさん

ありがとうございます
そうですロウゲツさん入手して1年経ってるんですよ^^
昨日は前リンマスさんと会ったりもしたりして
また暇な時に会えると良いですね~

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する